近況・新刊情報と最近読んだ本など

 しばらく記事を書かないうちに読んだ本が溜まってしまいました。こまめに書かないといけないとは思うのですが。
 世間は史上初の10連休だったそうですが、私は普通に仕事でした。やれやれ。

 さて、新刊情報。
 勉誠出版5月、アジア遊学シリーズにて古松崇志・臼杵勲・藤原崇人・武田和哉[編]『金・女真の歴史とユーラシア東方』。契丹・遼に続いて金・女真の特集号ということになります。この調子でタングート・西夏も出してほしいところ。
 青土社ユリイカ6月号は『「三国志」の世界』ということで特別展「三国志」に便乗して特集が組まれているようです。金文京先生や渡邉義浩先生が参加しているようで面白そうです。
 講談社選書メチエ6月、藤澤房俊『地中海の十字路=シチリアの歴史』。
 ミネルヴァ書房5月、村井祐樹『六角定頼――武門の棟梁、天下を平定す』。同6月には臼杵陽『日本人にとってエルサレムとは何か――聖地巡礼の近現代史』。
 平凡社5月、中世思想原典集成精選の4巻『ラテン中世の興隆2』。イスラーム哲学についてもこの巻に収録されるようです。
 ちくま学芸文庫6月、岡本隆司『増補 中国「反日」の源流』。元はメチエで出ていたもの。版元は変わりましたが増補版が出るようで。
 時期は未定ですが、知泉書館からリウトプランド『コンスタンティノープル使節記』の和訳が出るとのこと。

続きを読む

宮野公樹『学問からの手紙』を読む

 先日の記事で梅田であったトークイベントに行ってきたという話はしましたが、その際の登壇者の宮野公樹先生(京大の准教授)が新刊を出すということで少し紹介がありました。それがこの『学問からの手紙』という本です。

 本書は宮野氏の学問観を述べた本になっていまして、構成は次の通り。

 問いに学ぶ
 第1章 大学で学ぶということ
 第2章 学問の役割
 第3章 学者として生きる
 おわりに

 以下、個人的な関心(人文学・在野・アマチュア)に基づいた感想や、関連しそうな学問論、思想などと絡めつつ中身を紹介していきたいと思います。

続きを読む

佐藤彰一『禁欲のヨーロッパ』


 副題は「修道院の起源」。

続きを読む

野村啓介『ナポレオン四代』


 ナポレオン1~4世の評伝。
 副題は「二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち」。

続きを読む

長谷川貴彦『現代歴史学への展望』


 主にイギリスと日本の現代歴史学の方法論の変遷を辿る史学史的論集。
 副題は「言語論的転回を超えて」。

続きを読む

小松久男[編]『1905年 革命のうねりと連帯の夢』


 山川のシリーズ「歴史の転換期」の第六回配本。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ