近況・新刊情報と最近読んだ本など

 先日福井に旅行に行ってきました。20年ぶりくらい(つまり前に行ったのは開館時)に恐竜博物館に行ってきたわけですが、やはりのどかな風景の中に突然メタリックのドームが出現するとインパクトがありますねえ。獣脚類展の会期だったわけですが、流行りというべきか鳥との関わりに着目した展示になっていました。協力してくれている博物館の大半が中国だったあたりは時勢だなあと。
 平日だったにも関わらず、駐車場に水戸や神戸、島根ナンバーの車が止まっていてなかなか遠方からの来館者も未だ多いようで、繁盛しているなら何よりです。

 さて、新刊情報。
 中公新書10月、佐々木雄一『陸奥宗光――「日本外交の祖」の生涯』。中公新書の人名タイトルものは良書が多いのでこれも期待できそうです。
 刀水書房10月、宮脇淳子『モンゴルの歴史[増補版]』。増補内容がどういうものなのかちょっと期待と不安が半々といったところですが、元の本を持っていないのでこの機会に入手したいと思います。
 吉川弘文館10月、人物叢書から見瀬和雄『前田利長』。
 講談社現代新書11月、宮本正興、松田素二[編]『改訂新版 新書アフリカ史』。アフリカ史のロングセラーですが、こちらも改訂新版が出るようで。これは要チェック。
 星海社新書11月、日本史史料研究会[編]『戦国僧侶列伝』。最近、星海社新書は日本史成分が強めですねえ。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

楊海英『モンゴル人の中国革命』


 内モンゴル、特にウーシン旗が大戦期と国共内戦、人民共和国成立期にいかに民族自決を目指し、そして失敗したかを述べる。著者は『墓標なき草原』や『日本陸軍とモンゴル』の楊海英氏。

続きを読む

小松久男『近代中央アジアの群像』


 世界史リブレット人の一冊。副題は「革命の世代の軌跡」。

続きを読む

臼杵陽『「中東」の世界史』


 中東地域研究の研究者、臼杵陽氏による「中東」の近現代史。副題は「西洋の衝撃から紛争・テロの時代まで」。

続きを読む

近況・新刊情報と最近読んだ本など

 いささか久しぶりになってしまいましたが、先月の末に異動が出て日本海側から瀬戸内の方へ帰ってきました。何せ荷物に本が多いので荷解きと整理に手間取りましたがなんとか終わったところです。勤務地は現住所から遠くなるので時間が取りにくくなりますが、読書と執筆のための時間はなんとか確保したいところ。

 さて、新刊情報。
 中公新書今月の新刊に比佐篤『貨幣が語るローマ帝国史 権力と図像の千年』。
 ちくま新書10月、楊海英『モンゴル人の中国革命』。楊先生のいつもの分野ということになりますが、今回は筑摩から。ちくま新書は歴史書に関しては割と読みやすいものが出るような印象がありますが、さて今回はどうか。また楊先生の本では『墓標無き草原』が同じく10月に岩波現代文庫に収録されるようです。
 星海社新書10月には日本史史料研究会[監修]、平野明夫[編]『室町幕府全将軍・管領列伝』。ここ最近の星海社新書はいい歴史書が出ているのでこれも期待できるでしょう。
 11月以降、隔月刊行で『中世思想原典集成精選』が平凡社ライブラリーに。さてイスラーム哲学からは何編収録されることになるか。
 講談社からは興亡の世界シリーズの学術文庫への収録が10月、陣内秀信『イタリア海洋都市の精神』、11月網野徹哉『インカとスペイン 帝国の交錯』。またメチエからは11月に薩摩真介『<海賊>の大英帝国』というタイトルが。

 以下、最近読んだ本。

続きを読む

スハ・ラッサム『イラクのキリスト教』


 キリスト教が産まれたのはレヴァント地方で、地理的には西アジアに属する。イラクはキリスト教の発祥地からほどなくのところにあり、当地でのキリスト教も長い伝統を持つがその実態については等閑視されがちである。本書は、北イラクの大都市モスル出身のクリスチャンである著者が、その歴史から現在おかれている状況までを述べた一冊だ。

続きを読む

プロフィール

鉄勒京二

Author:鉄勒京二
当ブログは一介の歴史好きが読んだ本を紹介したり、書いた文章を公開したりするための場です。執筆記事は西アジア史関係が多いですが、読書は西アジアにこだわらず地域・時代を広く浅く扱っています。
当ブログの内容を雑誌・書籍等にご利用されたい場合はご一報下さい。
管理人への連絡は下記メールフォームか拍手でどうぞ。

検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
リンク
月別アーカイブ